手動から自動へ|電子カルテを導入するメリット

男女

専用品は高価

レジスター

コストに大きく影響する

posレジを新規導入しようとすると多額なコストがかかります。通常のレジを転用することができないため、新規で対応している製品を導入しなければならないのです。一台数万円の価格になります。これを必要台数揃える必要があるため、合計のコストは多額になるのです。しかしレジスターは、必ずしも専用品である必要はありません。釣銭管理などを行うのであれば、釣銭保管や自動つり銭計算機能などがついていると重宝されますが、クレジット決済が多い店舗などに置いては専用品の導入はあまり意味がないのです。価格を抑えめにposシステムを導入するのであれば、パソコンを有効活用することができます。デスクトップやノートパソコンに専用のシステムを接続する形であれば、価格を抑えることができます。posシステムとしては、同じ機能を有しているため、機能が損なわれることもありません。更にコストを考慮するとタブレット端末などを活用することができます。これも専用のアプリケーションのインストールのみが必要になります。機器の購入が必要なくなりますので、価格に大きく影響を及ぼします。また、レンタルやリースを利用することも方法としてあります。posは常に最新の物を利用することができるメリットがあります。コストを鑑みて、最低限必要な機能を有している製品を選択することが賢い経営方法になります。そのため、事前の調査が極めて重要なポイントとなるのです。